CSゲーマー FPSの書

Ps4ゲーマーな私のおかしな雑記ブログです。カテゴリから好きな記事に飛んでください。

【APEX】コーチングとは?失敗しないためには受ける側も教える側も努力しないとダメ!

皆さんはコーチングというものを知っていますか?

f:id:ceyes:20200205001427j:plain


コーチングはその名の通り、「人から教えてもらう」ことです。

意外にもコーチング自体は多く行われており、情報商材や技術を売るサイトやアプリなどでかなり受ける人が多いのだそうで…

 

では、今回はそのコーチングについて私が思うことを書いていこうと思います。

 

目次

 

コーチングの受け方

f:id:ceyes:20200205002319j:plain


まずはコーチングを受ける流れを説明します。

基本的にコーチングとは教える側が1人、受ける側が1人のマンツーマンでのコーチングが多い印象です。

 

コーチングされたい人が、サイトなどでコーチを探してお金を払って受ける。

これが一般的なコーチングですね。

 

他には企業や学校、プロチームなどで複数人に対して行うコーチングもあるそうです。

(これについては私もプロではないので詳しくはわかりません。)

 

教えてもらう側としてはお金も払っていますし、しっかり教えてもらいたいですよね。

ですが、ゲームの技術を教えるのは人それぞれで資格も何も必要ありません。

そこで問題になってくるのが教える側の真剣さです。

次はそれを触れていきましょう。

 

コーチングの闇「コーチがダメ」

f:id:ceyes:20200205003017j:plain
コーチングも立派な商売だと私は思います。

教える側もお金を払ってもらっているのですから、相手のことを知らなくては全く意味が無いように思えます。

 

感覚が子供のままだと、自分は上手いからこの通りやればいいんだよって教え方しか出来ません。

 

相手がどのように困っているのか、なにを直したいか、教えてもらいたいかをきちんと理解してあげないとダメですよね。

 

また、その場での指導でしかないので緊張して上手くプレイ出来ないことだってあります。

教えてあげる人に暴言など吐くのは言語道断です。

 

コーチングする側もきちんと相手のことを理解したり、分かりやすいように教える努力をするべきではないか?

私はそう思います。

 

現状誰でもコーチングが可能になっているので、ある程度実績を積んでからコーチングするなど様々な工夫が必要なのではないでしょうか?

 

コーチングの闇「受ける時の姿勢がダメ」

f:id:ceyes:20200205003254j:plain


コーチングは教える側だけでなく、受ける側の姿勢も大事です。

 

そもそもコーチングする時は自分のレベルはどれくらいなのかをしっかりと自覚する必要があります。

初心者がプロに技術を教えて貰ってもその技術を使える為の実力がないと全く活かすことが出来ません。

 

基礎を教えて貰える人を探すのであれば中級者でも、上級者でもいいので親切に教えて貰える人の方がいいでしょう。

 

このようにしっかりと自分のレベルを理解して教えて貰う人を選んでいきます。

 

そして、このように選んだとしても結局のところプレイするのはコーチングを受けるあなたです。

 

受けた後にどれだけ考えてプレイできるか。

わからないことをそのままにせず、常に問題は解決して行けるような考え方をしていくなど、自分でしっかりと努力していかないとコーチングを受けても全く意味が無いです。

 

あなたの受ける姿勢で教える側もやる気になりますし、教える側のやる気を無駄にしないためにもコーチング後のプレイは大事ですし、分からないことは聞いてみたりなど繋がりを切らないことも大事だと思います。

 

これらをしていないのにコーチングは闇だ!

教えてもらったけど上手くならなかったというのはあなたの努力が足りないからです。

どれだけ下手な教え方だろうと、あなたのプレイを見て意見は言ってくれるでしょう。それを少しでも考えて実行してみてから、上手くなる、ならないを言うようにしましょう。

 

コーチングの上手い人は?

f:id:ceyes:20200205003803j:plain


プレイが上手い=教えるのが上手い

ではありません。

 

プレイが上手くても教えるのが下手な人はいますし、プレイはそこそこ上手い人の方が教えるのがうまかったりします。

 

実績やその人のプレイスタイルを見れるのであればそれを見て受けるかどうかの判断をしたり、メッセージを交してみての返信の仕方や話し方などで人がいい人は大体教えるのも上手いです(私調べ)

 

センスも大事なので上手い人が必ず教えられるような知識があるとは限りません。

そこだけしっかりと覚えておくようにしましょう。

 

私が求めるコーチングのマーケット

f:id:ceyes:20200205003908j:plain


さて、ここまでコーチングの闇や上手い人の見分け方を書いてきましたが、これからたくさんの人がコーチングを受けると思います。

 

一般からプロまで、様々なコーチングがあるので一概には言えませんが、コーチになる場合はある程度の教えた実績を作るのが大事なのではないかと思います。

 

お金を払って教えてもらうのに教えたことの無い人、戦績だけで全く親身に考えてくれない人などがいたら全く意味がないと思います。

 

本当に教えたいのであれば、無償でいいのである程度人に教えてみたり、教えて欲しい人を募って実績を作るのが必要だと思います。

 

プロスポーツ選手がコーチになるために勉強しに行ってからコーチになるように、eスポーツもしっかりと教えるための知識を身につけたり相手のことを考えられるようになる必要があると私は考えます。

 

ただの遊びでも上手くなりたい人は沢山いるでしょうし、教える側にちゃんとしたノウハウがないと教わって辞めていく人も増えると思います。

 

それを防ぐためにもきちんとしたノウハウが必要だと私は思います。

 

例えばですが、初心者限定でのコーチングや中級者向けの技術指導など様々な種類に分けていくことで受ける側も選びやすいですし、悩んでいることをすぐに伝えられるのではないでしょうか?

 

あくまで私の意見なので全てが正しいとは限りませんが、私もたくさんの人を教えてきた中での意見なので、ぜひこれからコーチングする人は参考にして欲しいです。

 

コーチングしたい人が知るべきこと

f:id:ceyes:20200205004045j:plain


まず、コーチングをするにはある程度の実力が必要だと思います。

自分より上手い人に教えることなんてそうそう無いと思います。

 

コーチングするのであればしっかりと安定した実力を出していけることが大前提なので、頑張って実力をつけましょう。

 

実力がついたらコーチングを始める前に身近な困ってる人を探して少しでも教えてみるといいでしょう。

そこで重要なのはいかに相手が必要としていることを聞き出すかです。

 

最初にどこで悩んでいるのかや、教えてもらいたいことを教えて貰って、口頭で説明します。(メッセージでも可)

 

例えば、その人がパーティでやる時の報告の仕方について悩んでいるのに、技術指導しても解決したとはいえません。

 

口頭でアドバイス出来ることはその時に伝えて、コーチングの時に確認する。

さらに、コーチングした際に注意することを伝えたり、アドバイスをしていくようにしましょう。

 

このようなことをやってみて自分が教えた相手が理解して上手くなってくれるのであれば大丈夫だと思います。

 

そこから初めてコーチングをしてみるのが1番いいのではないでしょうか?

 

相手のことを思い、教える。

うまいプレイや練習している事ができた時には褒める。

モチベーション管理や今後の練習法の提案など他にも様々なことを教えるのが1番ですが、ここまでできる人はそうそういないはずです。

 

少なくとも相手のことを思いやれる人材であればコーチングは出来ると思うので、先走らずに教えてみるといいでしょう。

 

コーチングを受ける人が知るべきこと

f:id:ceyes:20200205004139j:plain


コーチングを受けるのは簡単ですが、コーチングを受ける際にはいくつかの事に注意して下さい。

 

まずは最初にも書きましたが、自分のレベルを知ることが大事です。

 

自分のレベルを知ることで基礎が必要なのか、技術が必要なのか、教えてもらうことがかなり違って来ます。

 

コーチングは学校の先生と同じでそれぞれに得意不得意があると考えてもらっていいと思います。

 

万能な人なんて存在しないと思うので、様々な人に教えてもらったり関わったりすることで自分だけのオリジナルの考えを作っていくようにしましょう。

 

次に、教えてもらいたいことを先に伝える。

これは結構グレーなところがあると思いますが、私的には伝えるべきだと思います。

先に伝えて、その場で解決出来ることであればコーチングを受ける時に違うことを教えて貰えますし、アドバイスを聞けるだけでもプラスになると思います。

 

しっかりと自分の悩みを伝えることで相手も何を教えればいいのかが分かるのでなるべく伝えるようにしましょう。

 

最後に復習を必ずすること。

コーチングを受けたら絶対に教えてもらったことを次以降に実践してみてください。

これができるか出来ないかでかなり上達の幅が変わってきます。

 

自分意外の視点はなかなか見ることがないので他人の意見は非常に大事だと思います。

復習をして考え、間違っていると思ったら聞いてみるのも手です。

色んな人と関わることで色んな意見を得られます。

 

自分だけのオリジナルの考えを作れるように復習は欠かさず行うようにしましょう。

 

コーチングって面白い!

f:id:ceyes:20200205004233j:plain


結局のところコーチングってものは面白いです!

様々な人が先生になり、様々な人が生徒になる。

色んな人が教え、教えてもらうことでそのコミュニティ自体のレベルも上がりますし、全体のモチベーションも上がってきます。

 

楽しい!と思えるようにみんなが工夫していることを広めていくのは難しいものです。

私も今まで何人も教えてきていますが、ほとんど全ての人が短期で実力が伸び、楽しくプレイしています!

 

Twitterでも質問にしてくれたり、アドバイスを求めに来る人も沢山います。

返信した全ての人が助かりました。ありがとうございます!

こんな声をかけてもらえるので私も嬉しいです。

 

ブログという形で様々な考えや技術について話していますが、私一人では教えるのも大変なので難しいです。

コーチングもなるべく多くの人にしてあげたいのですが、時間もなかなか取れないのが現状です。

 

今、初心者の方向けにホントの基本となる部分をまとめたものを配布しようと考えています。

もちろん無料でお渡しします!

 

教科書じゃないですけど、始めた人が楽しめるように書きますので楽しみに待っていてくれると嬉しいです。

 

しばらく書いてなかったのでたくさん書いてしまったような気もしますが、この記事がたくさんの人に届いて、これからのコーチングについて考えてもらえればなと思います。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

また来てくださいね!