CSゲーマー FPSの書

Ps4ゲーマーな私のおかしな雑記ブログです。カテゴリから好きな記事に飛んでください。

プロゲーマーはどうあるべきなのか

プロゲーマーです!って言える人とはどうあるべき人なのか。スポンサーをつけたり実績残さなきゃいけないの?

少し気になったので個人的意見もふまえて考えてみました。

 

目次

 

 

プロゲーマーの定義

èåç», ã²ã¼ãã¼, åç, ãã¡ã³ã¿ã¸ã¼, Pc ã²ã¼ã , ããã¼, Xboxã®, ãã¬ã¤ã¹ãã¼ã·ã§ã³

いろいろ調べたんですけど、ゲームだけで食っている人達もしくは賞金のある大会に出場して結果を残している人達

になりそうです。

なので簡単に言うとスポンサーがついてるだけじゃプロゲーマーとは言えないということになりますね。

ストリームで食べてる人はストリーマーになるのでまた別です。

そうなるとプロゲーマーと呼ばれる人達はかなり絞られてきます。世間一般的にはそうなるかもしれませんが、私は少し違った意見を持ちました。

 

プロゲーマーは夢を与えてくれる

まさにこの通りだと思います。

スポンサーがついていて、誰かに夢を見せてあげられるならもう立派なブロゲーマーでしょう。

正直プロゲーマーです!って言ってる人達でも、ただスポンサーのついてるチームに入っているだけって人がいるはずです。そのような人達を「プロ」と呼んでいいのでしょうか?

プロになりました!って言うくらいなら誰かに夢を見せてあげてほしいです。

こんなプレイが出来るんだよ!とか、他の人と関わったりとか。

みんなから認められることで初めてプロになるのではないでしょうか?

 

プロがするべきこととは?

自分はプロだ!と言える人がやるべき事は3つです。

・自分の実力を磨く

(実績を残すため)

・人に教える

(情報や考え方など)

・人に認められる

(記事や人に紹介されたり尊敬される)

 

これがプロゲーマーであることの最低条件だと私は思います。

私もたまにTwitterでプロの人にいいねされることがあるんですが、知らないプロの人でも、プレイとか見て凄いなぁ、応援したいなぁって思いますし、嬉しい気持ちになります。

逆にプレイやTwitterのリプライ、ツイートとか見ても単に自分のことしか考えてない人だったら応援したくは無いです。

知らない人が興味を持ってくれたんだなって考えて終わりです。

 

その道のプロになるのであれば自分だけじゃなく、周りの人達をも巻き込んで行くのがプロなのではないでしょうか。

 

プロと言い張ってる人

俺はプロゲーマーなんだ!ってスポンサーがついてるからって今までどうり同じ人達としか交流しない、情報発信しない。そんな人のことを尊敬したり出来ますか?

そんなのはただのプロ(笑)ゲーマーですよ。

スポンサーがついてうかれる気持ちなのはわかるんですが、プロならプロなりの行動をするべきだと思います。

関わる人を増やしたり、関わってくれる人達に情報提供などをして周りを巻き込んでいく。

 憧れるようなプロになってほしいです。

 

要はただチームに入っているだけでプロゲーマーって言うなってことですよね。

しっかりと自覚を持って欲しいです。

 

まとめ

æ²ç¤ºæ¿, ä»ç®, ãã¹ãã§, ãªã¹ã, ãã¸ãã¹, ã­ã£ãªã¢, èµ·åãã¾ã, ä¼ç¤¾, è½å, ã³ã³ã»ãã

 

いかがだったでしょうか。

プロゲーマーってどうあるべきなのか。人それぞれいろいろ意見はあると思います。

TwitterのDMとかこのブログのコメント欄でもいいです。よければ皆さんの色んな意見を教えてくれると助かります。

私は超絶上手くなって1番上手くなろうって考えはあまりないのですが、プレイしている人達のスキルやレベルが上がってもっと上手く楽しくゲームが出来るようになれたらなぁと考えています。

ブログの原動力でもありますし、私の実力レベルで教えられることは皆さんにどんどんお伝えしていこうと思います。

長くFPSはプレイしてきてるので、マインドや判断力など経験が必要な部分はどうしても差がうまれてしまうので初心者だから…関わったことがないから…と尻込みしないでなんでも聞いてください!

少し話がそれてしまいましたが、プロになるということはしっかりと自覚して何をするべきかを考えて行動してください。

スポンサーがつきやすくなった今だからこそ、情報発信したり人と交流したりするのが大事だと私は思います。

 

ここまで読んでくださってありがとうございます。

 

そんなプロゲーマーや上手い人たちのスキルが学べる記事はこちら

 

www.ceyefps.work

よければ見ていってくださいね!

それではまた次回の記事でお会いしましょう!