CSゲーマー FPSの書

FPSの書とありますが、雑記ブログです。FF14やFPS関連、映画についての記事を書いています。

初心者が成長していくには!?実体験を踏まえて簡単解説!

少し間が空いてしまい申し訳ないです...

 

 

 

今回の記事では、私の実体験を踏まえて初心者が成長していく方法をいくつか紹介していこうと思います。

 

それと、最近オートチェスというゲームにハマっています。

ボードゲームに近いカードゲームみたいな感じで、みんな平等なので課金の必要はないですし、Esports化されているそうなので、これからもっと伸びていく新ジャンルのゲームかなって個人的には思ってます。

 

海外では人気が出始めて、かなり人口が増えてきているそうです。

マッチングも早く、ランクは実際のチェスの駒の名前なので親しみやすくて面白いです!

 

FPSに疲れたあなたの脳を活性化させる。

 

頭脳派プレイヤー()の私にはもってこいというわけですね笑

 

そんな感じで無駄話を済ませたところで早速本題に移ろうと思います!

 

目次

 

初心者が成長していくには!?

 ãé, ã³ã¤ã³, æè³, ãã¸ãã¹, ãã¡ã¤ãã³ã¹, éè¡, é貨, ã­ã¼ã³, ç¾é, ä½å®ã­ã¼ã³, å¯, å¤

初心者が成長するのって簡単そうに見えて先が長いものなんです。

しかし、成長するスピードを速くしてあげることによって、いち早くあこがれのプロプレイヤーのようなプレイスキルを身につかることが出来ます。

 

私もまったくFPSを触ってなかった時からいままで成長だらけでした。

ここでは実体験を踏まえて簡単にその方法を解説していきます。

 

まずは触ってみる

何のゲームにしろ、まずは触ってみて操作を確かめたりしますよね。

FPSも同じです。

まずは歩いたり、銃を撃ってみたりして操作をしっかり覚えてみましょう。

武器切り替えやガジェットの使い方など、ヘルプを見ることなくできるまで触って確認するのがいいと思います。

 

FPSはどのゲームにも自分のスキルがすぐに実力となって出てくるゲームです。

基礎が出来ている人ほどすぐにうまくなります。

 

要は慣れってやつですね。

最初のうちは戦績よりも間違わずにプレイできたかを目標にプレイすると成長が実感できるのでオススメです!

 

敵に弾を当てよう!

èªç±ã®å¥³ç¥, ãã¥ã¼ã¨ã¼ã¯, ç±³å½, ã¢ãã¥ã¡ã³ã, ã·ãã£, ç¬ç«ãã, ãã¼ã, ãã¥ã¼ã¨ã¼ã¯å¸

キルするぞぉぉぉぉぉ!!!!!!!!

 

って気合十分な初心者の人はたくさんいます。

 

私もそうやって戦場に足を踏み入れ、0キル34デスという驚異的な記録をたたき出してしまいました。(ちなみにBF)

 

ここまで叩きのめされると悲しくなってやめてしまう人やあきらめて逃げる人が出てきます。

 

なので、私は教えるときに

 

「敵に弾を当ててみよう」

 

こうやって教えるのです。

 

もちろんちゃんとした理由があります。

 

多くのFPSゲームには「アシスト」と呼ばれる機能があり、キルできなくても一定量のダメージを敵に与えた後に味方がその敵を倒してくれると、[アシスト]がついて自分にもポイントが入ってきます。

(サッカーのゴールのアシストみたいなものです。)

 

なので、敵を倒せなくても自分の画面にアシストの文字が出てきたらちゃんと当てられたことが確認できます。

 

エイムが悪くてもアシストをとれるくらい当てれるようになってくると、キルまでの道はそう長くありません!

やっとの思いでとれたキルはとてもうれしいものです!

あきらめずに敵に立ち向かっていきましょう!

 

知識をつける

ã¼ãã, ã¼ããã, æ¬, æ¬ã®ãã¼ã¸, æå­¦, ç¥è­, ç¥æµ, 読ã¿åã, 読æ¸, åç§

やっとの思いでキルできたと思ったら今度は敵が強くなってまたキルが出来なくなった...

 

そんな人もたくさんいます。

でも、そこで終わってしまったら今までの努力はすべて水の泡です。

 

じゃあ次は何をするのか?

 

 

知識をつけるんです。

 

 

 

今こう思いましたね?

 

ゲームなのに(攻略)本ねぇじゃん!!

冗談は文だけにしとけよ~!

 

って。

 

心は読めないですが言いたいことは分かります。

 

ゲームなんかのために勉強したくないって思うかもしれませんが、

 

人のプレイ動画が一番参考になります。

 

もし、あなたが野球を始めたら、プロ野球選手の〇〇になりたいっておもったり、うまい人のまねをしたいって思いませんか?

 

FPSも同じで、

 

うまい人のまねをすれば自然とうまくなります。

 

この前に説明した、操作の確認や敵に当てるというのはこの真似をするのを簡単にするためだったのです。

 

基礎が出来ていれば簡単にまねすることができるので、すぐに上達していきます!

 

いまではyoutubetwitterなどでもたくさん動画があがっているので

 

ゲーム名 初心者

 

だったり、

 

ゲーム名 スーパープレイ

 

で検索してみてください!

 

こうやってうまい人たちのまねをどんどんしていき、自分のものにしていきます。

 

フレンドを作る

æ¥å, ã«ã¸ã¥ã¢ã«, 大学, æ¥ç¶, å¤æ§æ§, ãã¡ãã·ã§ã³, ãåéã¨, åæ, ã°ã«ã¼ã

フレンドはリアルの友達のほかにも、ネットでのフレンドも探すことをお勧めします。

 

今ではSNSが普及しているので、なるべくトラブルを避けるためにセーフサーチや高校生以上、成人済みなどでのフレンド募集が多いです。

 

自分に合ったフレンドを見つけることはゲームをやるモチベーションにもなります。

 

互いに励ましあって成長していくのが楽しいですよ。

 

私も始めた当初はリアルの友達と一緒にやるのが普通だと思ってましたが、もっとうまくなって友達をおどろかせてやろうと思ったのがきっかけです。

 

掲示板でフレンドを募集してVCもなかったのでチャットのみでの会話でしたが、めちゃくちゃ楽しかったです!

 

自分よりうまくて優しい。

私はいいフレンドに巡り合えました。

今では愚痴を言い合う仲です笑

 

慣れないうちは無理に話さなくても大丈夫なので、一緒にできるフレンドを作ってみましょう!

 

なるべく自分より強いフレンドを見つける

初心者は自分と同じレベルでただやってても結局はドングリの背比べで、あまりうまくはならないと思います。

 

自分よりうまい人と一緒にプレイしてたくさん学んでいくのもそうですが、一番は指摘してもらえるところです。

 

同じレベルの人にいろいろ言われても説得力がなく、文句を言われてるようにしか聞こえないですが、うまい人はしっかりとした根拠を持って指摘してくれるので、

 

そうか、ここが悪かったのかとすんなりと受け入れることが出来ます。

 

ただ、ここで間違ってほしくないのが、

 

指摘と指導は違うということです。

 

「〇〇って武器は強いからこれつかってればいい」

 

「この感度にすればいい」

 

これは指導です。

 

「最初のうちは〇〇って武器がいいけど、なれたら〇〇もつかってみてね」

 

「この感度は参考にして自分で動きやすいの見つけてね」

 

これが指摘です。

 

なんかあたりが強いな...

とか

自分でやりたいことと違う...

 

そう思う人はたくさんいるはずです。

なので、教えてもらってもすべてを受け入れるのではなく、あくまで参考としてとらえてください。

 

自分ではわからない点を教えてもらいましょう。

最初からどうすればいい?と尋ねるのではなく、この時はどうする?と聞いてみるのがベストです。

 

まとめ

ながくなりましたが、FPSで成長するためには

・たくさん触って操作を覚える

・キルではなく弾を当てることを意識する。

・上手い人のプレイを見て学ぶ

・自分よりうまいプレイヤーに質問して教えてもらう

 

この4つが大切です。

 

これをみて少しでも多くの人がFPSをやめることなく上手くなっていければとおもいます。

 

実際私もたくさんのFPSをプレイしましたが、基礎を固めておけばどのゲームでも楽しく快適にプレイすることが出来てます。

 

みんなで強く、楽しくプレイしていきましょう!

 

良ければtwitterなどで拡散してくれると嬉しいです。

 

では次回の記事でお会いしましょう。